消防士の妻としてピッタリな女性とは?

消防士といえば、公務員で安定していることから結婚相手として憧れる女性が非常に多く、とても人気が高い職業です。また、消防士の男性は皆訓練で鍛えていますから、男らしくてかっこいい人が多いのも魅力ですよね。

 

消防士と結婚したいと思う人は、どのように自分磨きをすれば消防士にピッタリな女性になることができるのでしょうか?今回は、消防士の男性にとって、ふさわしいと言える女性の特徴について以下にまとめてみました。

 

女性からの人気が高い職業だからこそ、自分の魅力を上げて消防士の男性に選んでもらいたいですよね。消防士の男性と結婚したい女性は、必見です。

 

将来は安定した生活を送りたいと思っている

消防士の男性はとても収入が安定していることで有名です。立派な公務員ですから、リストラの心配を一切しなくてもいいのは妻として助かりますね。

 

しかも安定しているだけではなく、一般的なサラリーマンよりもそこそこ高水準の給料が約束されていることも魅力の一つです。夫には一攫千金のような超高額収入は求めず、一般的に安定した収入で生活を送りたいという気持ちが強い女性にはもってこいですね。

 

不定期な休み、不規則な勤務に理解がある

消防士にとって長時間勤務や、不規則な休みはいつものことです。カレンダー通りに平日出勤して土日休み…ということはあまりありません。消防士が皆土日休んでたら火事が起こったとき大変ですからね。

 

24時間勤務も多く、仮眠をしながら交代制で勤務をしていきますので、時にはほとんど家に帰らなかったり、また時には休みがたくさんあったりといろいろです。そのため、この特殊な勤務時間にはかなり理解を示しておく必要があります。

 

消防士の夫の勤務時間に振り回されて大変…という気持ちにばかりなっていては、なかなか消防士の妻は務まりません。不規則な生活を送る夫を自ら支える気持ちが必要になるのです。

 

柔軟に生活リズムを合わせることができる

先述の通り、消防士はかなり不規則な勤務パターンになるため、生活リズムがいつも崩れてしまいがちです。本人はそれが仕事ですし鍛えている分生活リズムが崩れても健康なことは多いですが、家族も同じように生活リズムを合わせるとなるとなかなかつらいものがあります。

 

ですが、消防士の夫を支える妻として、最低限夫の生活リズムに合わせる柔軟性は必要になります。疲れて帰ってきた夫と「生活リズムが違うから」と関わることをやめてしまっては、夫婦である意味がありません。

 

消防士の仕事を全力で支えるためにも、夫の生活リズムが崩れてしまっても、自分もできる限りにそれに合わせてあげる姿勢は必要なのです。そのためには、急な予定変更にも対応できる柔軟性が必要になってきます。

 

災害時に不安にならないメンタルを持っている

消防士は火事が街中で起きたときの消火活動、救助活動を行うのはもちろんのことですが、地震や台風などの災害があった際にも救助活動のために召集されることになります。家庭よりも仕事が優先されるため、消防士の妻は災害時も一人で家庭を守らなくてはなりません。

 

大きな災害があったとき、仕事に出ている夫となかなか会えないのはとてもつらいことです。ただでさえ不安なのにも関わらず、夫のサポートなしで一人で過ごさなくてはいけないのは。メンタルが弱い人には耐えがたいことかもしれません。

 

でも、消防士の仕事柄、災害時に家にいないことは受け入れるしかありません。それでもへこたれず、黙って夫の仕事を応援できるメンタルの強さを持っていることが、消防士の妻として求められる姿勢なのです。

 

家庭を任せることができる自立した女性

家を空けていることが多い消防士には、残念ながら家事や育児などのサポートはほとんど期待することができないのが実情です。もちろん家庭を顧みないわけではないですが、現実問題仕事が忙しくて、家庭にかけられる時間があまりないのです。

 

そのため、消防士の妻には家庭のことは自分一人で回すことができる、自立している姿勢が不可欠です。夫に頼りっきりでは、夫も家のことを安心して任せることができないでしょう。責任感があって、自立している印象が強い女性は、消防士の妻にはピッタリですね。

消防士との結婚で、苦労するところ・大変なところ

消防士の男性と結婚すると、体力面でいざというとき頼りになったり、皆が感心するような職業に夫が就いているという点で誇らしかったりとメリットはたくさんあります。公務員のため安定して高収入を得られるという点でも、魅力的だと思って惹かれる女性は多いでしょう。

 

しかし、その反面、消防士と結婚すると苦労するところや大変な思いをするところもあるものです。危険が伴う仕事ですから、メリットばかりを見ていてはいざ結婚してみて「思っていた感じと違う…」となってしまうこともあり得るので注意が必要です。

 

予想外につらい思いをしないためにも、結婚相手は消防士がいいと思っている女性の方は、これを機に一度、消防士の男性と結婚すると苦労するところ、大変なところを考えてみましょう。

 

 

有事の際に、そばにいない

消防士は非常に長時間勤務であることがほとんどです。仮眠をしながら24時間交代で勤務をするため、一日以上家に帰らないことは日常茶飯事です。また、大規模な火災が発生…なんてことがあれば出勤してから何日も戻らないことはざらなのです。

 

そのため、家庭の中で何か大変なことがあったときも、夫がそばにいないことが多く、妻となる身としてはどうしてもそれを受け入れなくてはいけません。

 

それに、地震や大雨なのどの災害があった際に、優先されるのは家庭よりも消防としての仕事になります。有事の際に夫がそばにいないことの心細さは、妻としては非常につらいものがあります。

 

 

命がけの仕事のため、無事かどうかの不安・心配

妻にとって、夫はもちろん健康でいつも元気でいてほしいと思うはずです。体を張って仕事をしなければいけない職業は怪我の恐れがいつでもつきまとい、夫がいつ危険な目にあうのではないか、と冷や冷やしてしまいます。

 

消防士もその例外ではありません。それどころか、火事の中に飛び込んでいかなければいけないという命がけの仕事のため、最悪の場合、単なる怪我では済まないことも覚悟しなくてはなりません。

 

消防士の夫を持つ以上、いつでも無事かどうかの不安や心配がつきまとうのはなかなかつらいものがあるでしょう。しかも、長時間勤務で家を空けていることが多いため、余計に心配になってしまうものです。

 

 

不規則なので、家族との時間のズレが生じる

家庭の中で、家族の団らんの時間、夫婦の交流の時間というものは非常に大切なものです。時間を共有する機会が多い家庭は交流が生まれやすく、心のすれ違いなどのストレスは生まれにくいです。しかし、消防士を夫に持つと夫婦間の時間のずれは非常に生まれやすくなってしまいます。

 

消防士は長時間勤務で、かつその勤務時間も交代制でさまざまな時間に出勤することになります。何かあれば休日でも呼び出しがありますし、その振り替えで急に休みになることもあるため、どうしてもカレンダー通りの生活リズムを保つことは難しくなります。

 

そんな夫の勤務時間に合わせて妻の方も生活のリズムを変えるのは厳しいでしょうから、他の職業と比べて、消防士を夫に持つことで夫婦の交流の時間は減ってしまう傾向にあります。休日は絶対に一緒に過ごすようにする、などの対策をしなければ、気づいた頃にはほとんど話せていない日が続いてしまうことにもなりかねません。

 

 

急な呼び出しで、予定が狂うことも

消防士は多忙な職業です。というのも、勤務時間が長いのもそうですが、大規模な火災などの有事の際には休日関係なく呼び出されることも非常に多いからです。消防士という職業に就いている以上、このことは仕方のないことです。

 

そのため、急な呼び出しによって家庭の中で予定していたことが大きく狂ってしまうことがあります。仕事が理由ですからどうしようもないこととはいえ、感情としては複雑な気持ちになってしまうでしょう。そのようなことが立て続けにあるようであればなおさらです。

 

せっかくの家族旅行も台無しになってしまうかもしれませんし、夫が休みだからと思って任せておいた子供の世話なども、結局できなくなってしまうかもしれません。もちろんいつもではないですが、時として消防士としての仕事を何よりも優先しなければいけないことには理解が必要なのです。

 

「仕事より私や家庭を優先してほしい!」という考え方は、夫が消防士の場合なかなか通せるものではないでしょう。そのような考え方が強い女性は、消防士の男性と結婚しても残念ながらすぐに衝突してしまう可能性があります。

消防士と結婚して分かる4つのメリット

消防士の男性と結婚したいと思う女性は多いものです。男性らしくてかっこよく、周囲に対しても自慢の夫だと誇らしくいられますし、消防士と言えば公務員、安定を求めて消防士や警察官などの職業の男性と結婚したいと思う人もいるでしょう。

 

では、消防士の男性と結婚すると実際にどんなメリットがあるのでしょうか。「絶対に消防士の男性と結婚したい!」という強い願望を持っている人も、なんとなく良いイメージがあるので消防士の男性と出会いたいと思っている人も、ぜひ以下を参考に消防士の夫を持ったときのことを考えてみてください。

 

 

公務員なので安定している

最初に触れてきましたが、消防士は公務員のお仕事にあたります。この不況の世の中、どんなに大手企業に就職しても、絶対にリストラはないとは言い切れず、女性なら一度は「結婚してもし夫がリストラしたら…」と考えたことはあるはずです。

 

どんな会社でも突然倒産してしまうことは絶対にあり得ない話ではないですし、リーマンショックのように大幅な人員削減が相次いでは、もはやどこへ就職しても安心はできないものです。

 

それに対して公務員が一生安泰なのは不況の世の中でも変わりません。夫の突然のリストラを心配しなくても良いというのは、妻としても非常に安心なことです。そういう意味で、消防士を含めた公務員の男性は、いつの時代も女性にとって人気が高いのです。

 

 

周囲からの評判がいい

夫の職業が消防士だと、親族、友人、仕事仲間などの周囲の人からの評判が大変いいことがほとんどです。消防士は人命救助に関わる、なくてはならない重要な仕事です。消防士を始めとして、医者や弁護士、介護職など、人を助ける仕事に就いているということは印象として非常に良いものなのです。

 

単に仕事のイメージが良いだけではありません。消防士などの人助けの仕事をしている人は、人当たりが良さそうな印象にも繋がります。消防士と聞くと、勝手なイメージだったとしても、なんとなくいい人そうな印象は持ってしまうことが多いですよね。

 

夫が消防士であることが評判なのは、結婚するうえで非常に大きなメリットです。結婚する際に両親や友人へ彼を紹介するときも、彼の職業を消防士だと言って嫌な顔をされることはないでしょう。

 

 

体力が必要な仕事なので、年齢を重ねても若々しい

消防士の仕事は人命救助の素晴らしい仕事ですが、その分過酷で危険と常に隣り合わせの仕事でもあります。火事の中で救助活動をするためには非常に体力が必要とされますし、そのための訓練自体もとてつもなく大変だと言われています。

 

そのため、体力仕事が中心の消防士の男性は、ある程度歳を重ねても若々しくいられることが多いです。中年に差し掛かって「腰が痛い…」「階段がきつい…」なんて言っている夫の姿を見たくない女性も実は多いのではないでしょうか。もちろん老いは誰にでも等しく訪れるものではありますが、ある程度は若い頃のかっこいい姿をキープしていて欲しいと女性なら思うものです。

 

それに、夫に体力があることは子育ての面でも有難いことではあります。子供にとってお父さんと目一杯遊べることは非常に喜ばしいことです。若々しく元気なお父さんは、子供も周りの友達からも羨ましがられて誇らしいはずです。

 

 

休みが多い

消防士は特殊な勤務形態を取っており、仮眠をしながらの長時間勤務であることがほとんどです。しかしその長時間勤務を終えると休みが続くことが多く、他の職業と比べて消防士は休みは多い方にはなります。

 

長時間勤務で疲れている分、休みの日は一日家で休んでいることも多いかもしれませんが、休みが多いのはやはり家族の交流の時間が増えてとても良いことですね。変に浮気の心配をする必要もないでしょう。

 

また、子供が生まれたときも、夫の休みが少なくて自分一人で不安な日々を過ごすことも少なくなるので安心です。子供にとってもお父さんの休みが多いのは嬉しいことですね。

消防士の男性が分かる4つの特徴!

消防士、と聞くと男性らしくてかっこいい印象が強いですよね。大変なお仕事だからこそ、ヒーローのようなイメージで、女性がお付き合いしてみたい男性の職業の中でも人気は高いです。

 

では、実際に消防士の男性はどんな特徴を持った人が多いのでしょうか。消防士の男性との出会いを求めるなら、「こんな特徴の男性がいい!」とイメージを固めておきたい女性も多いはずです。

 

今回は、そんな消防士の男性はどんな特徴を持っているのか、以下にまとめてみました。

 

正義感が強い

消防士はかっこいいヒーローのようなイメージもありながら、その一方で危険とは常に隣り合わせにある大変な職業です。消火活動のための相応な訓練は受けていても、火事の現場に飛び込んでいかなければいけないことは、消防士として強い気持ちを持っていなくてはできることではありません。

 

そのため、消防士は人一倍正義感が強いことが多いのです。人命を優先し、消火、救助活動を行うには、自らの危険を顧みずに行動する覚悟が求められるからです。

 

そのような強い正義感を持って行動しているからこそ、消防士の男性は女性にとって「かっこいいヒーロー」のようなイメージになり、憧れられるのでしょう。

 

 

体力がある

消防士の仕事は非常に体力のいる仕事です。消防服や、消火活動に必要な酸素ボンベなどは20キロを超えることをご存知でしょうか。それを非常に熱い火の中、身に着けて行動しなければならないのですから、体力のない人には到底務まりませんよね。そのための訓練も大変なものです。

 

それだけではなく、消防士の勤務時間は仮眠を含めて24時間体制になることも多いです。そんな中で火事が起こったら、長時間勤務で疲れていても現場に急行しなければなりませんので、なかなか過酷な職業なのは誰が見ても分かりますよね。

 

このように、消防士の男性は体力があり、男性として非常に頼りになります。か弱い女性から見て、体力がある男性はそれだけで魅力的ですよね。

 

 

協調性がある

消防士の仕事をこなすためには、過酷な状況の中、力を合わせ人命救助活動を行わなければならないため、チームワークに長けていることが非常に望ましいとされています。一人で黙々と仕事をこなすことが好きだったり、人と細やかなコミュニケーションを取ることが苦手な人はあまり向いていない職業と言えるでしょう。

 

そのため、人と常に接することが多い消防士は協調性がある人がほとんどです。協調性がある人は、状況に応じて臨機応変に対応する判断力や行動力にも長けていることが多く、気も遣えて周囲から好かれます。協調性がある人は人として非常に魅力的なのです。

 

このような協調性がある男性、気遣いの素晴らしい男性が好き、という女性は多いですよね。消防士の男性とお付き合いすることがあったら、自然な気遣いで女性をエスコートしてくれるのではないでしょうか。

 

 

仕事にやりがいを感じている

上でもお伝えしているように、消防士の仕事は非常に大変な仕事です。相応の体力は不可欠ですし、危険が伴う仕事なのでそれを乗り越える精神力や強い使命感、正義感も持っている必要があります。勤務時間も昼夜問わずさまざまなのでなかなか生活のリズムも整えにくいでしょう。

 

そんな大変な消防士の仕事をしていくためには、自分自身も消防士の仕事に楽しみを感じていたり、やりがいを持っていることが非常に大切になってきます。消防士の仕事は人命に関わることだからこそ、過酷ですがその分人から感謝されたり、憧れられることも多い仕事でもあります。そのため、多くの消防士は皆、自分の仕事に強い誇りを持っているのです。

 

自分の仕事にやりがいを感じている人を理想の男性としている女性は多いです。応援しけなげに支えてあげたくなりますし、仕事を頑張って輝いている姿は、女性にとってとてもかっこよく映るはずです。